ノールデンホーム株式会社

小さな家でも快適に、
北欧流シンプルミニマムな暮らし

ノールデンホームでは、北欧スタイルを基本にシンプルな外観とし、飽きのこない、
資産価値のある住まいづくりをしています。

素敵な家で素敵な暮らしを叶える家づくりを手の届く価格でご提案いたします。

知らないと損をする!?輸入住宅の仕組み

輸入住宅についての定義はありませんが一般的にはできるだけ多くの輸入資材を使用して作られた住宅のことと言われております。

以前からこの言葉の表現方法により全く異なる意味を与えてしまっていることがあります。
例えば外観のデザインが何となく欧米風であるとか、室内のインテリアの一部に輸入品を採用しているとか、あるいは窓だけ輸入品であるとかということです。

一般的にポピュラーな輸入住宅とは?

一般的にポピュラーな輸入住宅としてはまず、そしてフローリングモールディングサニタリールームなどを輸入品として使用する住宅の事です。また、室内の動線においても海外の設計思想に基づいたプランも重要になってきます。

価格面については日本の住宅と比べて割高なイメージがありますが、確かに割高ではありますがそれは国内の住宅の仕様のレベルとの比較から考えた場合の事であり、ひとつひとつの資材を同一品質で比べた場合の輸入品は質が良く安価となります。また、断熱性能においても比較できないほど高レベルな住宅です。

北欧の住まい、こだわりポイント!

高品質・高断熱 ノールデンホームの仕様の一部をご紹介します
※標準仕様本体工事費(100㎡総2階住宅の場合)坪単価58万円(税別)より

ポイント①北欧住宅、北米住宅―どちらも輸入住宅

輸入住宅と一般的な日本の住宅との大きな違いは断熱性能にあります。

主なる部分では、そのにあるのです。

日本のアルミや、樹脂の窓の場合は外部と内部との熱が逃げやすい傾向にあるからです。

いくら壁を厚くしても、窓ガラスや枠である金属などを採用した資材では一段と品質が低下してしまいます。これが性能ということに繋がります。

窓の性能基準ではお隣の国と比較した場合でも一段と低い値になってる実情があります。これは日本の大手メーカーの製品は工業化製品であるため木製の資材を生産できない理由があるからです。

他に断熱に与える要素としては、室内の床やドア、又モールディングがムクの木製品を採用しているため蓄熱効果があります。

特に冬に朝起きた時に床をはだしで歩くとヒヤッとすることがあるのですが、ムクのフローリングですと床材そのものに蓄熱保温されているために冷たいという感覚はなくなります。

なので住まい心地の違いが、こんなことによって肌で感じ取ることができるようになります。

ポイント②北欧風デザイン

一口に言って北欧風デザインはシンプルで飽きのこないデザインです。

日本国内の住宅はデコボコのある家は外から見て重厚感ある様に見えますが、一生の住まいとしては途中で飽きてきたりして、又動線に不満が生じて、そして、長期間においては建替などということにもなります。
シンプルなデザインはロングライフな生活をするのに必要不可欠なことです。

輸入住宅は資産として作られ、ライフサイクルとしては途中で何かしら転売しますので、そのためにシンプルなデザインとしており、又、生活スタイルもシンプルで無駄のない考え方に表れております。

ポイント③室内のインテリアも知的にコーディネイト

壁紙やカーテンの使い方によって住まいに潤いを与えられます。

フィンランドの代表デザインとして有名なマリメッコの壁紙を採用するなど家がリゾートにあるような室内のインテリアで統一しております。

又、玄関のドアや内部のドアにおいても塗装で仕上げますので、希望のインテリアに満ちたプランニングが可能です。

我が家もそろそろ家づくり

施工事例の一部をご紹介します

別荘

26坪狭小住宅

札幌市内の暖炉付住宅

その他、随時施工事例をご紹介しておりますので、NEWSの施工事例からご覧ください。

お問い合わせ

ご相談やお見積りのご依頼、パンフレットのご請求など、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ